japedia

ダンドナルド伯爵



ダンドナルド伯爵英語: Earl of Dundonald)は、スコットランド貴族伯爵位。スコットランド議会議員だったダンドナルドの初代コクラン卿ウィリアム・コクラン英語版1669年に叙位されたのに始まり、以降その男系男子によって継承され続けている。2020年現在の当主は第15代ダンドナルド伯爵イアン・コクラン英語版

ダンドナルド伯爵コクラン家の紋章

目次


歴史

1854年の第10代ダンドナルド伯爵トマス・コクラン

スコットランドエア英語版レンフルーの大地主でエアシャー選挙区英語版選出のスコットランド議会議員だったウィリアム・コクラン英語版(不詳-1685)は、1647年12月26日スコットランド貴族爵位ダンドナルドのコクラン卿(Lord Cochrane of Dundonald)に叙位された。彼は1648年チャールズ1世に代わってスコットランドに兵を集める目的でアイルランドへ派遣されている。1653年にペイズリーに土地を獲得したが、その翌年にはクロムウェルから罰金を科された。王政復古後の1669年5月12日にスコットランド貴族爵位のダンドナルド伯爵(Earl of Dundonald)ペイズリー=オーキツリーのコクラン卿(Lord Cochrane of Paisley and Ochiltree)に叙位された[1][2]

初代伯の曽孫にあたる4代伯ジョン・コクラン(1687–1720)は、1713年から1714年にかけてスコットランド貴族の貴族代表議員として英国貴族院に議席を保有し、トーリー党に属した[2]

初代伯の来孫にあたる8代伯トマス・コクラン英語版(1691–1778)は、陸軍において少佐まで昇進したほか、襲爵前の1722年から1727年にかけてレンフルーシャー選挙区英語版から選出されてホイッグ党庶民院議員を務めている。1730年から1764年まではスコットランド物品税委員英語版を務めた[2]

8代伯の孫の10代伯トマス・コクラン(1775–1860)は、王立海軍軍人としてナポレオン戦争で活躍したが、1814年に株で詐欺を働いたとされて海軍や議会から追放された。その後、1817年から1823年にかけて対スペイン独立戦争中のチリ、1823年から1825年にかけて対ポルトガル独立戦争中のブラジル、1827年から1828年にかけて対オスマン独立戦争中のギリシャにおいて、独立を目指す各国の海軍を指導した。ブラジル滞在中の1824年にはブラジル皇帝ペドロ1世よりマラニャン侯爵(Marquês do Maranhão)という非世襲爵位を与えられた。1830年には圧縮空気を利用したケーソン工法の特許を得、橋梁建設の進歩に貢献した。1832年に恩赦を受けて王立海軍に復帰し、最終的には海軍大将まで昇進。軍艦に蒸気機関を使うことを提唱した[3][4][5]

現在の当主は10代伯の来孫にあたる15代伯イアン・アレグザンダー・ダグラス・ブレア・コクラン英語版(1961-)である[2]

本邸はスコットランド・アーガイル英語版レダイグ英語版・ロッホネル城(Lochnell Castle)[2]


現当主の保有爵位

現当主イアン・コクラン英語版は以下の爵位を保有している[2][6]

  • 第15代ダンドナルド伯爵 (15th Earl of Dundonald)
    (1669年5月12日勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • ダンドナルドの第15代コクラン卿 (15th Lord Cochrane of Dundonald)
    (1647年12月26日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • ペイズリー=オーキツリー第15代コクラン卿 (15th Lord Cochrane of Paisley and Ochiltree)
    (1669年5月12日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)

ダンドナルド伯 (1669年)

  • 初代ダンドナルド伯ウィリアム・コクラン英語版 (不詳-1685)
  • 2代ダンドナルド伯ジョン・コクラン (1660頃–1690) 先代の息子
  • 3代ダンドナルド伯ウィリアム・コクラン (1686–1705) 先代の息子
  • 4代ダンドナルド伯ジョン・コクラン (1687–1720) 先代の弟
  • 5代ダンドナルド伯ウィリアム・コクラン (1708–1725) 先代の息子
  • 6代ダンドナルド伯トマス・コクラン (1702–1737) 先代の従兄弟
  • 7代ダンドナルド伯ウィリアム・コクラン (1729–1758) 先代の息子
  • 8代ダンドナルド伯トマス・コクラン英語版 (1691–1778) 先代の従兄弟
  • 9代ダンドナルド伯アーチボルド・コクラン英語版 (1749–1831) 先代の息子
  • 10代ダンドナルド伯トマス・コクラン (1775–1860) 先代の息子。ブラジル帝国からマラニャン侯爵の爵位を与えられる
  • 11代ダンドナルド伯トマス・バーンズ・コクラン英語版 (1814–1885) 先代の息子
  • 12代ダンドナルド伯ダグラス・マッキノン・ベイリー・ハミルトン・コクラン英語版 (1852–1935) 先代の息子
  • 13代ダンドナルド伯トマス・ヘスケス・ダグラス・ブレア・コクラン英語版 (1886–1958) 先代の息子
  • 14代ダンドナルド伯イアン・ダグラス・レオナード・コクラン (1918–1986) 先代の甥
  • 15代ダンドナルド伯イアン・アレグザンダー・ダグラス・ブレア・コクラン英語版 (1961-) 先代の息子
    • 法定推定相続人は現当主の長男コクラン卿アーチボルド・イアン・トマス・ブレア・コクラン (1991-)

出典

  1. ^ Henderson, Thomas Finlayson (1887). "Cochrane, William"  . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 11. London: Smith, Elder & Co.
  2. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Dundonald, Earl of (S, 1669) ” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage . 2020年1月30日閲覧。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “コクラン ” (英語). コトバンク(朝日新聞) . 2020年1月30日閲覧。
  4. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 152.
  5. ^ Lundy, Darryl. “Admiral Thomas Cochrane, 10th Earl of Dundonald ” (英語). thepeerage.com . 2020年1月30日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Iain Alexander Douglas Blair Cochrane, 15th Earl of Dundonald ” (英語). thepeerage.com . 2020年1月30日閲覧。

参考文献


関連項目





ソース


情報の状況: 21.07.2021 03:22:20 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、deinLexikon.deは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.