japedia

少佐



少佐(しょうさ)は軍隊の階級の一。佐官に区分され、中佐の下、大尉の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-3に相当する。

主要先進国軍隊では、大尉から少佐への昇進時に特別な専門教育を受ける。個人の能力以外に「現場での集団への指揮能力」を認められた者に与えられる役職である。そのために昇進することができず最終階級が大尉で除隊する者が多い。

目次


日本

旧日本軍

明治3年9月19日政官布達第604号で兵部省に設けられた11等級の6番目として陸軍少佐と海軍少佐が設けられたのが最初である。これらは四等官に倣って官位と分掌事務がセットとなった職員の等級であった。明治6年5月7日太政官布達第154号による官等表改正で、軍人の階級呼称として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級呼称の序列に当てはめられることとなった。当初、日本陸海軍日本空軍は存在しない)では少佐以上を上長官、大尉以下を士官と呼称した。

自衛隊

自衛隊では、3等陸佐・3等海佐・3等空佐(略称は3佐)に当たる。陸上自衛隊においては、連隊・群・大隊の中隊長職他、司令部陸上総隊方面総監部師団旅団)の長及び付隊長、連隊本部・群本部の科長、大隊本部の係主任等に就いているのが一般的である。大隊長職に就く場合もある(2佐に昇任予定の3佐・大隊長職にあたる2佐の充足不足等)。 警察では警視に相当し、中央官庁では本省係長に相当する[1]

3等陸佐及び3等空佐以上の正帽目庇には飾りが付されるが、3等海佐には付されない。海上自衛隊において正帽目庇の飾りは艦長相当職以上の証であり、原則として3等海佐は艦長には任じられない[2]ためである[3]


アメリカ合衆国


イギリス

イギリス


ドイツ

ドイツ


フランス

フランス


中華人民共和国

中華人民共和国


中華民国

中華民国


大韓民国

大韓民国


出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 自衛隊しまなみ通信「梅花号」 (PDF)”. 自衛隊広島地方協力本部 (2014年2月). 2014年8月12日時点のオリジナル [リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月11日閲覧。
  2. ^ ミサイル艇掃海艇の「艇長」には3等海佐か1等海尉が就く。
  3. ^ 自衛艦の艦内の編制等に関する訓令」昭和47年5月10日海上自衛隊訓令第17号より




ソース


情報の状況: 22.07.2021 03:57:12 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、deinLexikon.deは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.