japedia

岩佐直治



岩佐 直治(いわさ なおじ、1915年大正4年)5月6日 - 1941年昭和16年)12月8日)は日本海軍軍人である。「甲標的」(前部に45センチ魚雷発射管を備えた特殊潜航艇)による真珠湾攻撃の考案者の一人で[1]、自ら搭乗して真珠湾攻撃で戦死した。九軍神の一人である。二階級特進により、最終階級は海軍中佐

岩佐 直治
IwasaNaoji.jpg
岩佐 直治(海軍大尉時代)
生誕 1915年5月6日
日本の旗 日本 群馬県前橋市
死没 1941年12月8日(26歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ準州真珠湾
所属組織 大日本帝国海軍
軍歴 1938 - 1941
最終階級 海軍中佐
墓所 群馬県前橋市本町松竹院
テンプレートを表示

目次


経歴

群馬県前橋市天川原出身で、旧制前橋中学校(現群馬県立前橋高等学校)及び海軍兵学校海兵65期)を卒業した。

1941年(昭和16年)12月8日(日本時間。現地時間では7日)、部下の佐々木直吉一等兵曹(戦死後、特務少尉)と共に特殊潜航艇によりハワイ準州真珠湾に侵入して米海軍艦艇への攻撃を企図したが戦死する。決死的攻撃により戦死したその武勲が評価され、死後二階級特進で海軍中佐となった。「軍神岩佐中佐」と呼ばれ、全国的に有名になり、東條英機首相が岩佐の実家を訪れた。

死後、松竹院(前橋市本町)に墓が立てられた。また、「軍神岩佐中佐」という楽曲が作曲された(選詩:読売新聞社、作曲:東京音楽学校(現東京芸術大学音楽学部))。戦後、特殊潜航艇内から発見された岩佐の階級章が遺族に返還されている。


人物

岩佐は剣道に優れ、海兵入校後に行われた剣道大会で優勝している[2]段位は四段まで進み、日中戦争において白兵戦に参加した経験があった[2]。愛刀の銘は「関孫六」である[2]。なお岩佐には婚約者がいたが、真珠湾攻撃への参加が決定すると破談にしている[2]


出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 『連合艦隊の最後』p66
  2. ^ a b c d 『九軍神は語らず』「軍神・岩佐直治」

参考文献





ソース


情報の状況: 21.07.2021 01:49:46 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、deinLexikon.deは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.