japedia

菊池光



菊池 光(きくち みつ、本名・武内 邦貞(たけうち くにさだ)[1]1925年5月22日 - 2006年6月16日)は、翻訳家。なお生年は、生前1919年米国ニューヨーク生まれとなっていたが、没後訂正された。


人物・来歴

東京都出身。中央大学中退。

1959年、日本生産性本部通訳として滞米し、1962年帰国[1]。41歳を過ぎてから翻訳を始め、1965年、静岡商工会議所を退職、翻訳専業となる[1]

ディック・フランシスの競馬シリーズ、ロバート・B・パーカーのスペンサー・シリーズを一人で訳した。競馬シリーズは漢字二字の邦訳題で統一され、名訳と称された。

ただし、菊池の翻訳について書評などで辛口の評価がされたことがあり、たとえば都筑道夫は『都筑道夫の読ホリデイ』で「菊池光の翻訳の会話のまずさにおどろいて、読まなくなったことがあった」と書いている。しかし、菊池の担当編集者だった戸川安宣は、菊池の前職が通訳だったことにふまえ、「語学を、文字から学ぶ人と、会話から入る人がいますが、菊池さんは後者の代表格でしょう。そして都筑さんは前者の見本のような方でした」と書いている[2]


翻訳

  • ギャビン・ライアル『もっとも危険なゲーム』早川書房 1966 のち文庫  
  • ディック・フランシス『大穴』早川書房 1967 のち文庫  
  • ディック・フランシス『興奮』早川書房 1967 のち文庫 
  • ジョン・ボール『夜の熱気の中で』早川書房 1967 のち文庫  
  • ギャビン・ライアル『本番台本』早川書房 1967 のち文庫  
  • ディック・フランシス『度胸』早川書房 1968 のち文庫 
  • デズモンド・コーリイ『墜落』早川書房 1968
  • ディック・フランシス『本命』早川書房 1968 のち文庫
  • ジョン・D・マクドナルド『生き残った一人』早川書房 1968
  • ディック・フランシス『罰金』早川書房 1969 のち文庫  
  • ディック・フランシス『飛越』早川書房 1969 のち文庫  
  • ディック・フランシス『血統』早川書房 1969 のち文庫  
  • ウイリアム・ハガード『陰謀者』早川書房 1969
  • ジョン・バカン『緑のマント』筑摩書房 1969 のち創元推理文庫
  • アーヴィング・ウォーレス『陰謀』早川書房 1969 のち文庫  
  • ロナルド・カークブライド『みじかい夜』早川書房 1969 のち文庫 
  • メーヴィン・ジョーンズ『ジョンとメリー』角川文庫 1970
  • ディック・フランシス『査問』早川書房 1970 のち文庫  
  • ロス・マクドナルド『別れの顔』早川書房 1970 のち文庫 
  • ディック・フランシス『混戦』早川書房 1971 のち文庫  
  • トニー・ヒラーマン『祟り』角川文庫 1971
  • ハドリー・チェイス『クッキーの崩れるとき』創元推理文庫 1971
  • ハドリー・チェイス『幸いなるかな、貧しき者』創元推理文庫 1971
  • フレドリック・ブラウン『殺人プロット』創元推理文庫 1971
  • ロジャー・サイモン『エアー 相続者』角川文庫 1972
  • ジョン・チーヴァー『ブリット・パーク』角川書店 1972
  • ロバート・L・フィッシュ『懐かしい殺人 パーシバル卿と殺人同盟』日本リーダーズダイジェスト社 1972 のちハヤカワ文庫 
  • ロバート・L.フィッシュ『お熱い殺人 パーシバル卿と殺人同盟』日本リーダーズダイジェスト社 1972 のちハヤカワ文庫
  • ジョン・チーヴァー『ワップショット家の人びと』角川書店 1972
  • デイヴィッド・E.フィッシャー『発作』早川書房 1972
  • ロス・マクドナルド『暗いトンネル』創元推理文庫 1972
  • ディック・フランシス『煙幕』早川書房 1973 のち文庫  
  • エリック・アンブラー『遠い国境』創元推理文庫 1973
  • ジョン・ブラックバーン『薔薇の環』創元推理文庫 1973
  • ジョン・ブラックバーン『小人たちがこわいので』創元推理文庫 1973
  • セシル・スコット・フォレスター『砲艦ホットスパー』ハヤカワ文庫 1974(ホーンブロワーシリーズ
  • エリック・アンブラー『ディミトリオスの棺』早川書房 1974
  • ローラン・シンガー『殺人教習所』ハヤカワ文庫 1974
  • ディック・フランシス『暴走』早川書房 1974 のち文庫  
  • ジョン・ブラックバーン『リマから来た男』創元推理文庫 1974
  • ジェラルド・A.ブラウン『ハロウハウス11番地』早川書房 1974 のち文庫  
  • ロス・マクドナルド『眠れる美女』早川書房 1974 のち文庫  
  • ディック・フランシス『転倒』早川書房 1975 のち文庫  
  • セシル・スコット・フォレスター『燃える戦列艦』ハヤカワ文庫 1975
  • ハドリー・チェイス『射撃の報酬5万ドル』創元推理文庫 1975
  • オグ・マンディーノ『偉大なるセールスマン あなたを変える信念の魔術』ダイヤモンド社 1975
  • ジョン・チーヴァー『ワップショット家の醜聞』角川書店 1975
  • ジョン・ル・カレ『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』早川書房 1975のち文庫
  • ディーン・クーンツ『もう一つの最終レース』ごま書房 1976 「逃切」創元推理文庫
  • ディック・フランシス『重賞』ハヤカワ文庫 1976
  • H・R・ハガード『黄金の守護精霊』創元推理文庫 1976
  • ジャック・ヒギンズ鷲は舞い降りた』早川書房 1976 のち文庫  
  • ロバート・リテル『ルウィンターの亡命』早川書房 1976 のち文庫  
  • ノーマン・ハートレイ『ヴァイキング・プロセス 多国籍企業戦争』徳間書店 1977
  • アントニイ・プライス『隠された栄光』早川書房 1977
  • ディック・フランシス『追込』早川書房 1977 のち文庫 
  • パトリック・アレクサンダー『大統領暗殺指令』徳間書店 1978
  • M・D・ポーストアブナー伯父の事件簿』創元推理文庫 1978
  • ディック・フランシス『骨折』ハヤカワ文庫 1978
  • フランク・ロス『デッド・ランナー』ハヤカワ文庫 1978
  • ロバート・B・パーカー『約束の地』早川書房 1978 のち文庫  
  • セシル・スコット・フォレスター『ホーンブロワーの誕生』高橋泰邦共訳 ハヤカワ文庫 1978
  • ライオネル・デヴィッドスン『シロへの長い道』ハヤカワ文庫 1978
  • ディック・フランシス『障害』早川書房 1979 のち文庫 
  • ジョゼフ・ディモーナ『核パニックの五日間』創元推理文庫 1979
  • フランク・ロス『眠れる犬たち』ハヤカワ文庫 1979
  • ロバート・B.パーカー『ユダの山羊』早川書房 1979 のち文庫  
  • ディック・フランシス『試走』早川書房 1980 のち文庫 
  • ジャック・ヒギンズ『裁きの日』早川書房 1980 のち文庫  
  • ジェイムズ・パタースン『モスクワ・オリンピック襲撃』創元推理文庫 1980
  • トレヴェニアン『シブミ』早川書房 1980 のち文庫  
  • ロバート・リテル『迷いこんだスパイ』早川書房 1980 のち文庫  
  • E・D・ホック編 『風味豊かな犯罪 年刊ミステリ傑作選'76』創元推理文庫 1980
  • ディック・フランシス『女王陛下の騎手』晶文社 1981 のちハヤカワ文庫 
  • テッド・ウィリス『チャーチル・コマンド』 創元推理文庫 1981
  • ギャビン・ライアル 『影の護衛』 早川書房 1981 のち文庫  
  • ディック・フランシス『利腕』早川書房 1981 のち文庫  
  • ロス・マクドナルド『ドルの向こう側』ハヤカワ文庫 1981
  • ロバート・B.パーカー『銃撃の森』早川書房 1981 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『レイチェル・ウォレスを捜せ』早川書房 1981 のち文庫 
  • ディック・フランシス『反射』早川書房 1982 のち文庫  
  • ジャック・ヒギンズ『ルチアノの幸運』早川書房 1982 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『初秋』早川書房 1982 のち文庫 
  • クレイグ・トーマス『レパードを取り戻せ』早川書房 1983 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『残酷な土地』早川書房 1983 のち文庫  
  • ギャビン・ライアル『マクシム少佐の指揮』早川書房 1983 のち文庫  
  • ディック・フランシス『配当』早川書房 1983 のち文庫  
  • マーガレット・ミラー『まるで天使のような』ハヤカワ文庫 1983
  • ディック・フランシス『名門』早川書房 1984 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『儀式』早川書房 1984 のち文庫  
  • ジャック・ヒギンズ『テロリストに薔薇を』早川書房 1984 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『拡がる環』 早川書房 1984 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『ゴッドウルフの行方』早川書房 1984 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『愛と名誉のために』早川書房 1984 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『失投』ハヤカワ文庫 1985
  • ディック・フランシス『証拠』早川書房 1985 のち文庫  
  • ディック・フランシス『奪回』早川書房 1985 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『告別』早川書房 1985 のち文庫 
  • レジナルド・ヒル『王子を守る者』早川書房 1985
  • ディック・フランシス『侵入』早川書房 1986 のち文庫 
  • ギャビン・ライアル『クロッカスの反乱』早川書房 1986 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『キャッツキルの鷲』早川書房 1986 のち文庫  
  • ジャック・ヒギンズ『黒の狙撃者』早川書房 1987 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『海馬を馴らす』早川書房 1987 のち文庫  
  • ディック・フランシス『連闘』早川書房 1987 のち文庫  
  • ロス・マクドナルド『地中の男』ハヤカワ文庫 1987
  • ディーン・R・クーンツ 『逃切』創元推理文庫 1988
  • ジャック・ヒギンズ『狐たちの夜』早川書房 1988 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『蒼ざめた王たち』早川書房 1988 のち文庫 
  • ロス・トーマス『五百万ドルの迷宮』早川書房 1988 のち文庫 
  • ディック・フランシス『黄金』早川書房 1988 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『誘拐』ハヤカワ文庫 1989
  • トマス・ハリス『羊たちの沈黙』新潮文庫 1989
  • ロバート・B.パーカー『真紅の歓び』早川書房 1989 のち文庫  
  • ディック・フランシス『横断』早川書房 1989 のち文庫  
  • 『プードル・スプリングス物語』 レイモンド・チャンドラー,ロバート・B.パーカー 早川書房 1990 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『プレイメイツ』早川書房 1990 のち文庫  
  • ディック・フランシス『直線』早川書房 1990 のち文庫 
  • ディック・フランシス『標的』早川書房 1991 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『スターダスト』早川書房 1991 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『晩秋』早川書房 1992 のち文庫 
  • ディック・フランシス『帰還』早川書房 1992 のち文庫 
  • ジャック・ヒギンズ『鷲は飛び立った』早川書房 1992 のち文庫  
  • ディック・フランシス『密輸』早川書房 1993 のち文庫 
  • デイヴィッド・L.リンジー『拷問と暗殺 ヒューストン連続殺人』新潮文庫 1993
  • ロバート・B.パーカー『ダブル・デュースの対決』早川書房 1993 のち文庫  
  • デイヴィッド・メイスン『バビロンの影 特殊部隊の狼たち』早川書房 1994 のち文庫
  • ロバート・B.パーカー『ペイパー・ドール』早川書房 1994 のち文庫 
  • ディック・フランシス『決着』早川書房 1994 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『歩く影』早川書房 1994 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『過ぎ去りし日々』早川書房 1995 のち文庫  
  • ディック・フランシス『告解』早川書房 1995 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『虚空』早川書房 1995 のち文庫 
  • ディック・フランシス『敵手』早川書房 1996 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『チャンス』早川書房 1996 のち文庫 
  • ディック・フランシス『不屈』早川書房 1997 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『悪党』早川書房 1997 のち文庫  
  • ディック・フランシス『騎乗』早川書房 1998 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『突然の災禍』早川書房 1998 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『暗夜を渉る』早川書房 1998 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『沈黙』早川書房 1999 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『忍び寄る牙』早川書房 1999 のち文庫  
  • ディック・フランシス『烈風』早川書房 2000 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『ハガーマガーを守れ』早川書房 2000 のち文庫  
  • ロバート・B.パーカー『ポットショットの銃弾』早川書房 2001 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『ガンマンの伝説』早川書房 2001 のち文庫  
  • ディック・フランシス『勝利』早川書房 2001 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『笑う未亡人』早川書房 2002 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『湖水に消える』早川書房 2002 のち文庫 
  • W.R.バーネット『ハイ・シエラ』早川書房 2003
  • ロバート・B.パーカー『真相』早川書房 2003 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『影に潜む』早川書房 2004 のち文庫 
  • ロバート・B.パーカー『背信』早川書房 2004 のち文庫  
  • ディック・フランシス『出走』ハヤカワ文庫 2004
  • ロバート・B.パーカー『冷たい銃声』早川書房 2005
  • ロバート・B.パーカー『ダブルプレー』早川書房 2005 のち文庫 

脚注

  1. ^ a b c 読売人物データベースより
  2. ^ 戸川安宣 (2014年12月12日). “翻訳家交遊録 3(執筆者・戸川安宣) ”. 翻訳ミステリー大賞シンジケート . 2017年5月25日閲覧。




ソース


情報の状況: 19.07.2021 08:34:08 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、deinLexikon.deは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.