japedia

陸上自衛隊施設学校



陸上自衛隊施設学校(りくじょうじえいたいしせつがっこう、JGSDF Engineer School)は、茨城県ひたちなか市勝田駐屯地に所在する、陸上自衛隊防衛大臣直轄機関のひとつである学校。

陸上自衛隊施設学校(勝田駐屯地)

目次


概要

施設科隊員に対する教育訓練を主要任務としている。陸上自衛隊施設学校では、施設科の職域に必要な知識・技能を習得させるための教育訓練及び部隊運用等に関する調査研究を行っており、毎年、陸・自衛隊から約1,000名の学生が入校し、年間を通じて教育訓練を行っている[1]。また、茨城隊区担任官として、茨城県での災害派遣時、県下の各部隊を指揮する。また、直轄地域として、「勝田分区」と称する、茨城県北部および茨城県南部の沿岸地域16市4町1村の災害派遣・広報を行う[1][2]


沿革

  • 1951年(昭和26年)9月3日:現在地(旧・日立精機工場跡)に警察予備隊施設講習所が設置[3]
  • 1952年(昭和27年)1月7日:施設講習所が総隊施設学校に改編[3]

施設学校

  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊施設学校に改称。

組織編成

  • 企画室
  • 総務部
    • 総務課
    • 厚生課
    • 警備課
    • 管理課
    • 会計課
    • 衛生課
  • 教育部
    • 教務課
    • 教材課「施校」
  • 研究部:部隊運用・教育に関する研究・調査
  • 主任教官
  • 学校教官
  • 研究員
  • 施設教導隊:施設学校入校学生に対する教育支援

主要幹部

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
陸上自衛隊施設学校長
兼 勝田駐屯地司令
陸将補 山﨑義浩 2020年08月25日 陸上自衛隊開発実験団装備実験隊長
副校長
兼 企画室長
1等陸佐 生田目徹 2021年03月26日 自衛隊兵庫地方協力本部
総務部長 1等陸佐 山口敦史 2020年03月16日 那覇駐屯地業務隊長
教育部長 1等陸佐 尼子将之 2020年03月16日 第4施設群
座間駐屯地司令
研究部長 1等陸佐 佐藤洋 2019年12月01日 陸上自衛隊教育訓練研究本部研究員
歴代の陸上自衛隊施設学校長(特記ない限り陸将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
1 安成季隆 1952.1.7 - 1957.8.11 陸士40期・
砲工37期
陸上幕僚監部施設課長
2 益田篤士 1957.8.12 - 1961.7.31 東京帝国大学 陸上幕僚監部施設課長 陸上幕僚監部付
→1962.1.1 退職(陸将昇任)
3 渡辺太郎 1961.8.1 - 1963.7.31 陸士43期・
陸大50期
第7混成団副団長
兼 真駒内駐とん地司令
第1施設団
兼 朝霞駐とん地司令
4 北崎昌安 1963.8.1 - 1965.3.15 陸士45期 陸上幕僚監部施設課長 第1施設団長
兼 朝霞駐とん地司令
5 青山左武郎 1965.3.16 - 1966.7.15 陸士45期・
陸大56期
第4施設団
兼 大久保駐とん地司令
陸上幕僚監部付
→1967.1.1 退職(陸将昇任)
6 吉武敏一 1966.7.16 - 1969.7.15 陸士49期・
陸大59期
第2施設団
兼 船岡駐とん地司令
陸上幕僚監部付
→1969.10.31 退職(陸将昇任)
7 千葉麿 1969.7.16 - 1971.3.15 陸士50期 第3施設団
兼 南恵庭駐とん地司令
東北方面総監部
→1971.6.30 退職
8 山次惟貞 1971.3.16 - 1972.3.15 陸士51期・
陸大59期
陸上自衛隊幹部学校副校長
兼 企画室長
→1972.1.1 陸将昇任
第3師団長
9 吉ケ江正 1972.3.16 - 1974.3.15 東京帝国大学 自衛隊福岡地方連絡部長
→1973.4.1 陸将昇任
第4師団長
10 藤井寛元 1974.3.16 - 1976.3.15 東京帝国大学 第2施設団長
兼 船岡駐とん地司令
技術研究本部技術開発官
(陸上担当)
11 酒井次武 1976.3.16 - 1977.6.30 陸士56期 陸上幕僚監部施設課長 第1師団長 
12 遠藤健 1977.7.1 - 1978.7.27 陸士57期 第1施設団長
兼 朝霞駐とん地司令
第1師団長
13 岩出俊男 1978.7.28 - 1980.3.16 陸士58期 陸上自衛隊幹部学校教育部長
→1979.1.1 陸将昇任
第2師団長
14 片岡博文 1980.3.17 - 1982.3.16 海兵74 第1施設団長
朝霞駐屯地司令
→1978.7.1 陸将昇任
退職
15 齊藤和治
(陸将)
1982.3.16 - 1984.3.16 陸航士60期 第1施設団長
兼 朝霞駐屯地司令
16 三島正治 1984.3.16 - 1986.3.15 関西学院大学 第1施設団長
兼 朝霞駐屯地司令
→1984.5.1 陸将昇任
17 伊左次達 1986.3.16 - 1989.6.29 防大1期 陸上自衛隊調査学校長 陸上自衛隊幹部学校長
18 坂本滋 1989.6.30 - 1990.7.8 防大2期 第1施設団長
兼 朝霞駐屯地司令
退職
19 坂本良一 1990.7.9 - 1993.3.23 防大3期 第4師団副師団長
兼 福岡駐屯地司令
中部方面総監部付
→1993.4.1 退職
20 岸良征 1993.3.24 - 1995.3.22 防大6期 第1施設団長
兼 朝霞駐屯地司令
第9師団長
21 若松重英 1995.3.23 - 1997.7.1 防大7期 第3施設団長
南恵庭駐屯地司令
退職
22 園部宏明 1997.7.1 - 1998.12.16 防大8期 第4施設団長
大久保駐屯地司令
23 太田実乗 1998.12.16 - 2000.6.30 防大10期 調達実施本部副本部長
(調達管理第二担当)
24 野村昭嘉 2000.6.30 - 2002.3.22 防大11期
25 國分政夫 2002.3.22 - 2003.7.1 防大13期 第2施設団長
船岡駐屯地司令
26 角南俊彦 2003.7.1 - 2004.8.29 防大19期 第4施設団長
兼 大久保駐屯地司令
陸上幕僚監部人事部長
27 出田孝二 2004.8.30 - 2005.12.5 防大15期 第3施設団長
兼 南恵庭駐屯地司令
退職
28 湖﨑隆 2005.12.5 - 2008.7.31 防大21期 第4施設団長
兼 大久保駐屯地司令
北部方面総監部幕僚長
札幌駐屯地司令
29 小川祥一 2008.8.1 - 2011.8.5 防大21期 退職
30 赤松雅文 2011.8.5 - 2013.8.21 防大26期 第5施設団
小郡駐屯地司令
東北方面総監部幕僚長
仙台駐屯地司令
31 富井稔 2013.8.22 - 2014.12.19 防大25期 退職
32 小瀬幹雄 2014.12.19 - 2016.6.30 東京大学[4] 第1施設団長
古河駐屯地司令
陸上自衛隊九州補給処
目達原駐屯地司令
33 中野義久 2016.7.1 - 2017.7.31 防大31期 自衛隊大阪地方協力本部 東部方面総監部幕僚長
兼 朝霞駐屯地司令
34 腰塚浩貴 2017.8.1 - 2019.8.22 防大32期 第2施設団長
兼 船岡駐屯地司令
第9師団副師団長
青森駐屯地司令
35 鵜居正行 2019.8.23 - 2020.8.24 防大31期 防衛装備庁プロジェクト管理部
プロジェクト管理総括官
防衛装備庁長官官房装備官
36 山﨑義浩 2020.8.25 - 防大34期 陸上自衛隊開発実験団装備実験隊長

警備隊区

ひたちなか市水戸市那珂市常陸太田市常陸大宮市高萩市北茨城市笠間市石岡市日立市鉾田市鹿嶋市潮来市神栖市行方市小美玉市大洗町大子町城里町茨城町東海村[2]


脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 陸上自衛隊施設学校 ” (日本語). es-hp. 2020年3月30日閲覧。
  2. ^ a b 自衛隊茨城隊区指揮指揮系統及び災害派遣担任区分 ”. 茨城県. 2021年2月21日閲覧。
  3. ^ a b 自衛隊年表(防衛庁長官官房広報課・1962)
  4. ^ 工学部土木工学科卒(防大30期相当)、第5次イラク復興業務支援隊長

外部リンク





ソース


情報の状況: 19.07.2021 10:11:37 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、deinLexikon.deは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.