japedia

カトリック・ダイジェスト



カトリック・ダイジェスト』(Catholic Digest) は、アメリカ合衆国ローマ・カトリック教会信徒向けの月刊誌。第二次世界大戦後には、日本版も刊行されていた。

Catholic Digest
編集長 Dan Connors
カテゴリ カトリック教会
刊行頻度 年11回刊
発行者 Bayard U.S.
創刊者 Fr. Louis Gales[1]
創刊号 1936年
発行元 Bayard
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
拠点 コネチカット州ニューロンドン
言語 英語
ウェブサイト www.catholicdigest.com
ISSN 0008-7998
テンプレートを表示

目次


概要

1936年創刊とされるが[2][3]1934年創刊とする記述も見受けられる[4]2001年の時点で40万部を発行し、270万人の読者がいるとされ[4]2008年の時点でも、30万部、読者数220万人とされた[3]

2001年12月に、フランスのカトリック系メディア・グループであるバヤール・プレスフランス語版が、それまで1964年以来、この雑誌を所有していたミネソタ州セントポール聖トマス大学英語版から同誌を買い受けた[2]


日本版

日本版の『カトリック・ダイジェスト』は、東京小峰書店が版元となり、1948年に1巻1号が刊行され、1953年の6巻12号までで休刊となった[5]。編集長を務めたのは、後に還俗、帰化して星井巌となる、上智大学教授のペテル・J・ヘルツォーク神父であり、大学を出たばかりであった遠藤周作が編集補助にあたり、休刊直前の短い期間は、ヘルツォークの後を受けて2代目の編集長となった[6]


脚注

  1. ^ Catholic Digest Records, 1940-2000: University of St. Thomas Archives & Manuscript Collections
  2. ^ a b Update: University to sell Catholic Digest magazine ”. Chron/Hearst Newspapers, LLC (2001年11月17日). 2016年4月17日閲覧。
  3. ^ a b Catholic Digest, une revue catholique populaire américaine ” (2008年9月29日). 2016年4月17日閲覧。 archive
  4. ^ a b Bayard acquiert le mensuel américain Catholic Digest ”. Stratégie (2001年12月5日). 2016年4月17日閲覧。
  5. ^ カトリックダイジェスト 小峰書店 ”. 国立国会図書館. 2016年4月17日閲覧。
  6. ^ 久松健一「遠藤周作の秘密(下)」『明治大学教養論集』第408号、明治大学教養論集刊行会、2006年、 73-103頁。 NAID 120001441357 - ヘルツォグ(ヘルツォーク)神父についての言及はおもに「VII」章 (pp.87-97)。

外部リンク






ソース


情報の状況: 20.07.2021 10:38:56 CEST

ソース: Wikipedia (著者 [バージョンヒストリー])    テキストのライセンス: CC-BY-SA-3.0. 個々の画像やメディアの作者やライセンスは、キャプションに記載されているか、画像をクリックすると表示されます。

変更点: デザイン要素を書き換えました。ウィキペディア特有のリンク(「redlink」や「edit links」など)、地図、ナビゲーションボックスを削除しました。また、いくつかのテンプレートもあります。アイコンが他のアイコンと入れ替わったり、削除されたりしています。外部リンクにはアイコンを追加しました。

重要なお知らせ 私たちのコンテンツは、表示された時間にWikipediaから自動的に引用されたものです。手動でチェックすることはできません。したがって、deinLexikon.deは採用されたコンテンツの時事性や正確性を保証するものではありません。現在、情報が間違っていたり、誤りがある場合は、お手数ですがご連絡ください。 電子メール.
を見てみましょう: 法的通知 & プライバシーポリシー.